ホーム>スタッフブログ>2013年1月

2013年1月

神戸市垂水区自宅サンプル塗装 樋上塗り1回目

西面の柄付きサイディングのクリヤーが仕上がったので、次は東面と南面の柄付きサイディングにアーバントーンを施工します。

その前に樋のケレンと上塗りの1回目を塗りました。

アーバントーンはシーラー・中塗り1回目(目地色)・中塗り2回目(外壁色)・多彩柄クリヤーの4工程です。今日は養生してシーラー塗布までを行いました。

251K樋上塗り1回目1.jpg251K樋上塗り1回目2.jpg  
251KSDシーラー1.jpg251KSDシーラー2.jpg  
251Kシリコン逆プライマー.jpg  

換気口の周りやクーラー配管のトップ周りに塗料が密着しないシリコンシーリング材が使用されていたので、逆プライマーを塗って塗料が密着するようにしました。

 

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区自宅サンプル塗装 サイディング用クリヤー

自宅の外壁にはワンポイントで目立つ部分に 柄つきのサイディングが貼ってあり、あまり目立たない部分に単色のサイディングが使われていました。

今回は西面の柄つきサイディングをクリヤー塗装が可能な場合と想定して、UVカットシリコンクリヤーを塗装しました。メーカーによってシーラーが必要なものノンシーラーのものが有るのですが、今回はSK化研のSDクリーントップを使用したので上塗り2回の仕様です。

251Kサイディングクリヤー塗り1回目.jpg251Kサイディングクリヤー塗り2回目.jpg  
   
   

サイディング用クリヤーを塗装するとサイディングの風合いはそのまま艶が復活しますので、新築に戻ったように見えます。

使用するクリヤーにもグレードがあるので高価なものも有るのですが、よく使われるものでしたら通常のシリコンの上塗り材と同等の金額で施工できます。

サイディングの表面が傷んで退色してしまっている場合はクリヤーではきれいに仕上がらないので注意が必要です。築後10年経過しているとかなり劣化してしまっていることが多いです。

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区自宅サンプル塗装 鉄部プライマー

塗料の密着の良くない焼付け塗装の上でしかも錆びていないので、強溶剤エポキシプライマーを塗ってから塗装していきます。

この材料を使用してもペーパーでの目粗しは大切です。

写真は塗りにくい基礎の水切り部分を足場組上げ前に塗っているところです。

251K水切り目粗し後.jpg251K混合比率.jpg  
251Kプライマー.jpg251K上塗り1回目.jpg  

見にくいですが左上の写真はペーパーでの目粗し後です。

2液型の塗料ですので主剤と硬化剤の割合を秤で計って使用します。

プライマーを塗って、乾燥させたら上塗りの1回目を塗装します。上塗りの2回目は門下塗装では外壁が仕上がった後に塗ります。

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せ下さい。

 

 

神戸市垂水区自宅サンプル塗装 シーリング

サイディングの外壁ですのでシールを打ち替えます。打ち替えるシールは長期の保証がでるサイディング用のシーリングオートンシールですので、10年位はなんともないのですが、新築建売の物件だとコストを下げるためによくないシーリング材を使用していることが多いので、早い時期から割れて水が回りやすくなります。

251Kサイディング目地シール割れ.jpg251Kシール撤去後1.jpg  
251Kシール撤去後2.jpg251Kシール充填.jpg  
251Kシール押さえ.jpg251K完了.jpg  

普通は既存シール材を取るのにかなり手間がかかるのですが、非常に楽に外れました。

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。 

神戸市垂水区自宅サンプル塗装 高圧洗浄

普段の塗り替えと同様にまず高圧洗浄を行いました。

屋根の劣化もほとんど見られず、外壁も少し輩ガスの汚れが付いているくらいでした。

251K屋根高圧洗浄.jpg251K外壁高圧洗浄2.jpg  
   
   

柄つきのサイディング部分(写真左)にはアーバントーンを単色サイディング(写真右)と屋根にはガイナを塗装します。

251K外壁多彩サイディング施工前.jpg251K外壁サイディング施工前.jpg  

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せ下さい。

神戸市垂水区自宅サンプル塗装

今年、お客さんに勧めていきたい材料に断熱塗材GAINAとサイディング用多彩柄仕上げ材ダイヤアーバントーンというものがあります。

前者のGAINAは断熱効果の高い材料で、部屋内部を夏は涼しく冬は暖かくし冷暖房費を削減させるという効果があります。これまでにも各塗料メーカーが開発・販売している遮熱塗料を屋根や外壁に塗装してきましたが、残念ながら『涼しくなったよ。やってよかったわ。』というお客様の声はあまり聞かれませんでした。しかしGAINAに関しては『涼しくなったよ。塗ってよかった。』という感想が施工店に寄せられていると聞き、自身でも体感してみたく築6年程度で普通なら塗り替えない時期に自宅の単色サイディング部分と屋根に塗装してみます。

そして後者のダイフレックス(メーカー名)のダイヤアーバントーンを柄のあるサイディング部分に塗装します。最近『サイディングにクリヤーを塗れますか?』やシーリング業者から『サイディング目地のシールの色はどうします?クリヤー仕上げですか?』と聞かれることが増えました。塗料メーカー各社がサイディング用UVカットクリヤーを発売し、それを進める業者が増えたからですがサイディングのクリヤー塗装はサイディング自体が劣化し変色してしまうと使えません。私が見積もりしたお宅でも『他社でクリヤー塗装しますといわれたけど門下さんも出来ますか?』と聞かれ、サイディングを見てみると退色していてクリヤー塗装ではムラになってしまう状態のこともありました。それで今回は裏の柄付きサイディング部分にクリヤー塗装をそして正面の柄つき部分にそのアーバントーンを目地塗り分け工法で塗装してみます。早い時期の塗り替えならクリヤーでこんな仕上がりになりますよ。傷んで退色したサイディングでもこんな風にサイディングの風合いを出しきれいに出来ますよと自宅を塗装サンプルにしますので、興味がお有りな方は是非仕上がった後見に来てください。

今回の工事の後は15年くらいは塗り替えたくないので鉄部や樋にはシリコン塗料を塗装しベランダFRP防水もやり直しました。

IMG_2033.jpgIMG_2035.jpg  
看板シート2.jpg  
   

神戸市垂水区の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。

かどしたのひとりごと

先日友人と酒を呑んでいると『今ウチのマンションの塗替えをしてるねんけど大変なことになってんねん。年末に完工して足場をとったのに、下地補修に手抜き工事が見つかって、また足場を組んで全部やり直しやねん。なんかかわいそうやろ。』

私『そんなん全然かわいそうちゃうやん。当たり前やで。何次下請けが施工したんか知らんけど、施工業者の判断で手を抜いたんなら元請の管理不行き届きやけど、まずそんなことはないで。元請けか一次下請けの工務店みたいなところの指示で手を抜いてるよ。下地処理ならばれんと思ったんかな。君のとこの管理組合は当然きちんとした仕事をしてもらえると思って契約してんから、今回やった工事は全部めくらせて下地からやり直させなアカンで。(怒)』

『かどがそんなに怒らんでもいいやん。』

本当に腹が立ちました。そんな業者が相見積もりの工事を落とすから建設業者全てに不信感を持たれるし、手抜きしないと利益が出ないような受注額が基準になって工事単価が不当に下がってしまうのです。適正な工事代金でのきちんとした工事を任せていただきたいものですね。

神戸市垂水区T様邸 外壁塗装 屋根塗装

外壁の塗装風景です。下の写真は1日のものでなく数日にかけてのものです。

2412T外壁下塗.jpg2412T外壁下塗ハケ.jpg  
2412T外壁下塗パターン.jpg  
   

今回は関西ペイントの微弾性フィーラー(アレスホルダーZ)を使って下塗します。軒は薄塗りで壁はパターン塗りしました。

2412T外壁上塗り1回目.jpg2412T外壁上塗りハケ.jpg  
2412T外壁上塗り2回目.jpg  
   

上塗りも関西ペイントの水性シリコン塗料コスモシリコンで塗装しました。

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区T様邸 外壁塗装 屋根塗装 下地補修

過去に増築された部分ともともとの部分との間に大きなクラックがありました。

2412TクラックUカット.jpg  
2412TUカットシール.jpg IMG_1938.jpgのサムネール画像  
   

クラックをUカットすると中まで突き抜ける亀裂でした。プライマーを塗りノンブリード変性シリコンコーキングを打ち、この後写真はないのですがカチオンフィーラーを塗り補修吹きしてから、下塗のパターン塗りしました。

右下の写真の庇は水が回って木が腐り合羽が浮きあがっていて、吹き降りの際2階の部屋に雨漏りさせていました。

これは合羽をビスで固定して、モルタル補修しさらに合羽の下端をシーリングして水が入らないようにしました。

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。

神戸市垂水区T様邸 外壁塗装 屋根塗装 モニエル瓦

前回の塗り替えでモニエル瓦に水性の屋根用塗料を塗っていたようで塗膜がかなりめくれてしまっていました。

モニエル瓦塗装のメクレ.jpgモニエル瓦塗装のメクレ1.jpg  
2412T屋根高圧洗浄1.jpg2412T屋根高圧洗浄2.jpg  
   

浮いてしまっていた塗膜を皮すきとワイヤーブラシである程度落とした後、高圧洗浄でさらに汚れと脆弱な塗膜を除去しました。

今回の工事では水谷ペイントのスラリー強化プライマーを使用し、水系カスタムシリコンを塗ります。

スラリー強化プライマー.jpg屋根プライマー塗り.jpg  
2412T屋根上塗り1回目.jpg2412T屋根上塗りハケ.jpg  
2412T屋根上塗り2回目.jpg2412T屋根上塗りハケ2回目.jpg  

スラリー強化プライマーは一般的な屋根用水性シーラーより浸透性・密着性が強いため、今回のような旧塗膜に不具合が起きてしまった場合の塗り替えに使用します。塗っているときは乳白色ですが(右上)乾くと透明になります。このプライマーを使用しなくても塗り替えた直後はきれいに仕上がりますが、旧塗膜の弱さが残るため耐久性が非常に弱く数年で再度めくれてくる確立が高くなります。

当然上塗りは2回塗りしました。1回目(写真中段)と2回目(写真下段)

神戸市の外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。

 

 

ページ上部へ