ホーム>スタッフブログ>2012年12月

2012年12月

西宮市K様邸 外壁塗装 屋根塗装

樋や破風の上塗り1回目が終わったので外壁と軒の塗装を行います。

軒にはNAD型防カビ塗料を2回塗りし、外壁は弱溶剤2液エポキシシーラーを塗った後、弱溶剤2液シリコン塗料を2回塗りの予定でしたが、

今回は色のとまり(着色具合)が少し悪かったので上塗りは3回塗りしました。

写真は1回目の上塗りを塗っているところで2回目・3回目の写真は撮り忘れていました。

大きな面はローラーを用いて塗り、ローラーでは塗れない入り隅などは刷毛で塗ります。刷毛にもローラーにも種類があるのですが使用する材料や塗装面の材質で使い分けています。

 

外壁上塗り1回目k11.jpg外壁上塗り1回目ハケk11.jpg  
軒上塗り1回目k11.jpg軒上塗り1回目ハケk11.jpg  
   

外壁塗装・塗り替えは門下塗装にお任せください。

 

西宮市K様邸 外壁塗装 屋根塗装 ガイナ塗装

いよいよカラーベストに断熱塗材ガイナを塗装します。

非常に小さなセラミックバルーンが多く含まれているので塗装ムラの出やすい材料ですのでムラにならないように気をつけて塗っていきます。塗膜が1ミリくらいありカラーベストがくっつきやすいので、タスペーサーを挿してしっかり縁切りを行いました。

タスペーサーk11.jpgガイナハケ1回目k11.jpg  
ガイナ1回目k11.jpgガイナ1回目2k11.jpgのサムネール画像  
ガイナ1回目終了k11.jpg  

屋根の上塗り1回目はまず刷毛でカラーベストの継ぎ目を塗り次に大きな面をローラーで塗装しました。

ガイナ2回目.jpgガイナ2回目塗装2.jpg  
ガイナ塗装終了.jpgガイナ塗装終了2.jpg  
   

棟押さえ等の仕上がっている部分の周りを先に仕上げ養生を外してからガイナの2回目を塗りました。

こうすることで養生を外すために仕上がったカラーベストにのらなくてよくなります。

ガイナ自体はツヤ消しの塗材ですがセラミックビーズのせいか少し光って見えることがあります。遮熱性を高めるために濃い色がないので屋根に使用する場合はよく見るカラーベストのイメージとは代わります。屋根は黒か茶色などの固定観念を捨てて色選びをする必要があります。

外壁塗装・屋根塗装・塗り替えは門下塗装にお任せください。

西宮市K様邸 外壁塗装 屋根塗装 樋・破風塗装1

当店では外壁の塗装をする前に樋や破風などを1回塗ります。外壁の塗装が終わってから2回目を塗るので施主様は2回塗っているのがよくわかります。そして外壁が仕上がった状態でメッシュシートの一部を外し仕上がりのイメージを実際に見て確認してもらうので『少しイメージと違うな』と思われたときでも2回目の上塗りの色を変更することで、気に入った色に仕上げられます。

軒樋上塗り1回目k11 (2).jpg縦樋上塗り1回目k11.jpg  
棟押さえ上塗り1回目k11.jpg胴差上塗り1回目k11.jpg  
   

外壁塗装・塗り替えは門下塗装にお任せください。

西宮市K様邸 外壁塗装 屋根塗装 屋根塗装1

高圧洗浄でほぼ素地になったカラーベストに弱溶剤エポキシシーラーを2回塗りました。

左上が1回目の塗装中で、右上がシーラー1回目が終わった後です。あまり変わってないように見えますね。中左上は2回目のシーラーを塗っているところで、中右上は2回目のシーラーが終わった後です。表面が濡れ色になっているのがわかりますか?この状態になっていないとシーラー本来の密着性は発揮できていません。中左下のタスペーサーを挿してから、今回は中右下の断熱塗材ガイナを塗装します。屋根が約90㎡ですのでこの3缶を使い切りでほぼ規定量になります。

棟押さえはプライマーを塗ってから(左下)釘が抜けてこないようにシール処理(右下)しました。

 

屋根シーラー1回目k11.jpg屋根シーラー1回目終了k11.jpg  
屋根シーラー2回目k11.jpg屋根シーラー2回目終了.jpg  
タスペーサーk11.jpg断熱塗材ガイナ.jpg  
棟押さえ下塗k11.jpg棟押さえ釘シール処理k11.jpg  

外壁塗装・塗り替えは門下塗装にお任せください。

西宮市K様邸 外壁塗装 屋根塗装 シール打ち替え

サイディング目地のシールの打ち替えとサッシ周りのシールと軒のシールの増し打ちを行いました。

簡単な流れとしてはめくり(左上)マスキング(右上)プライマー(中左)シール打ち(中右)押さえ(左下)完了(写真なし)です。

注意するべきところはプライマー、これは専門職に任せればまず手抜きしませんがまれにウチの職人で出来ますからという塗装店に打たせるとプライマーを塗ってないことがあります。次にシーリング材の選択、塗装面に使うシーリング材はアクリル・ウレタン・変性シリコンが多いのですが中には塗装を変色させる成分が多く含まれているものもあります。後日変色してこないノンブリードタイプのものを使う必要があります。ホームセンターに置いてある物は良くて低汚染のシール材でノンブリードではありません。

当店ではオートンシールをよく使います。

 

シール撤去K11.jpg シール打ち替えk11.jpg
シールプライマーk11.jpg シール打ちk11.jpg
シール押さえk11.jpg  

外壁塗装・塗り替えは門下塗装にお任せください。

西宮市K様邸 外壁塗装 屋根塗装 高圧洗浄

作業初日は屋根と外壁の高圧洗浄を行いました。

思ったとおりカラーベストの劣化が激しく表面の塗膜のほとんどが落ちてしまいしまいました。

外壁は大きな劣化は見れませんでしたが、破風板の一部は傷んでいました。

写真は左上が施工前の屋根、右が屋根の高圧洗浄中、左下が外壁の高圧洗浄中、右下は亀裂の入ったペントハウスの破風板です。

屋根施工前k11.jpgのサムネール画像屋根高圧洗浄k11.jpg

 
外壁高圧洗浄k11.jpgペントハウス破風の割れ.jpg  
   

外壁塗装・塗り替えは門下塗装にお任せください。

西宮市K様邸 外壁塗装 屋根塗装

K様は西宮から垂水のポルトバザールまで来られるそうで、通り道にある当店の看板を見て問い合わせいただきました。

6月くらいに問い合わせいただき7月にはご契約いただいていたのですが、植物が枯れてから工事にかかりたいという事で11月の工事になりました。

サイディング目地のシールと屋根(カラーベスト)が特に傷んでいました。

シールの劣化.jpg外壁サイディング欠損部.jpg  
大屋根施工前.jpgカラーベスト割れ.jpg  
   

外壁塗装 塗り替えは門下塗装にお任せください。

 

かどしたのひとりごと

11月から忙しい日が続きブログの更新が出来てませんでした。

かどした自身が現場に出て作業しているので、現場作業と見積もりでバタバタしてしまいました。

ブログ用のネタはたくさん貯まりましたのでこれからまたがんばって更新していきます。

これからもよろしくお願いします。

 

ページ上部へ